農業ソリューションと地球温暖化の関係

Permalink

農業も地球温暖化と密接な関係があります。それはトラクターやコンバインなどで使われる燃料の燃焼したり、牛や豚などの家畜が出す排せつ物、肥料の使用などで二酸化炭素を排出してしまうからです。農業に限らず第一次産業と言われている水産業や林業でも作業をする際に二酸化炭素が排出されてしまいます。それが結果的には地球温暖化に影響を及ぼしてしまい問題視されています。

そのような状況の中で農林水産省もどうにかして第一次産業で排出される二酸化炭素を軽減したいという思いがありましたが、その問題を解決してくれるのが農業ソリューションと言われています。日本も温室効果ガスの排出量がとても多く、どのように取り組んでいくか農業の生産者も対策を求められています。そのときに大きく関わってくるのが農業ソリューションなのです。

日本全体の温室効果ガスの排出量は農林水産業からの排出量の割合は高いとは言えません。しかし昔と違って様々な進化を遂げている現代からこそ、農業は地球温暖化による影響を大きく受ける分野であることを考えると、電気メーカーやIT企業、バイオ科学メーカーなどが力を合わせて、今まで以上に農業の分野でもしっかり農業ソリューションの考え方を基にして、農家がどのように温暖化対策をする必要があるかを考えなければいけません。